セクキャバ求人は風俗で一番稼げる仕事

セクキャバという仕事は、居酒屋と同じようなとても健全なお仕事

こんにちは、もしくはこんばんはでしょうか。
わたしは現役のセクキャバ店長、ジャスティス田中と申します!
もちろん仮名ですが、ピチピチの40代の男性です。
どうぞよろしくお願いします。

セクキャバ店の店内イメージ現在は、首都圏のとある有名繁華街の目抜き通りにある、セクキャバ店を任せていただいております。
セクキャバの店長としては、都合4店舗を渡り歩いてきました。
飲食業界に入っては25年近く、セクシーなお仕事や、セクシーっぽいお仕事、純粋なキャバクラや居酒屋も含めて、さまざまな経験をしてまいりました。
セクキャバ嬢のみなさんや、居酒屋の店員さん、そしてそれぞれの求人広告を見て応募されてくる方を含めると、おそらく1000人、2000人ほどの女性たちと仕事の話をさせていただいてきました。
この、セクシーなセクキャバ業界に勤めている女性、もしくはこれからセクキャバ店で高収入を稼ごうという女性たちですから、女性としての魅力あふれる、美しくかつ男性のわたしよりも、よっぽど働く意欲の強い、パワフルな女性たちばかりです。

風俗で働くために知っておきたい基礎知識

求人サイトにある求人情報を見て、わたしのお店に応募してくる女性たちに多いのですが、高収入を稼ごうという意欲や、何でも「ヤッてやろう」という根性はあるのですが、よく「ここがセクキャバ嬢としては不足しているな」と思うことがあります。
やる気だけでは長く続きません彼女たちに足りないものは、多くは「セクキャバ業界の知識」です。
セクキャバは、ソープランドやヘルスとのような風俗とは異なり、健全な飲食業です。
風営法という法律による営業免許も、風俗とセクキャバは違います。
ソープランドやデリヘルのような、いわゆる風俗が「自動車免許」だとしたら、セクキャバは「原付バイク免許」です。

どうでしょう、自動車と原付きバイクはずいぶん違う乗り物だとは思いませんか。
それくらい、風俗とセクキャバは法律上の区分けからもはっきりとした違いがあります。
その違いは、お店のスタッフやわたしがきちんと説明したり、実際に働いたりしているうちに、風俗とセクキャバのどこが違うのかの理解はしていただけるのですが、やはり少し時間がかかります。
その時間、せっかく稼ごうと思って求人広告を見て来た女性にとって、やはり稼ぐ効率は悪くなってしまします。
みなさんが効率よく稼げないのは、わたしにとっても本意ではありません。
できれば時間を掛けず、きっちりと稼いで欲しいと思っています。
お仕事ですから楽しいことではありません。
だけど、満足して、少しでも楽しんで働けたら、それは「素敵なお仕事」だとは思いませんか?
そんな思いを、わたしはセクキャバ求人サイトの募集情報に、そう遠くない未来に、わたしのお店で笑顔で働くことになるのかもしれない貴女に向けて込めて掲載しています。

それならば、このようなホームページで、セクキャバ業界の表のことから裏のことまで、全部書いてしまえば、求人広告を見て応募してくる女性たちも、もっと早く高収入に辿り着けるのではないかと考えたのです。
最初に、仮名でジャスティス田中と名乗ったのは、セクキャバについて表のことから裏の裏まで、全部書いてしまおうという、わたしの気持ちの現われです。

セクキャバの店長として、本名で名乗ったからこそ言える真実もあるでしょうが、それのような「上辺だけのセクキャバの情報」は、たくさんある他の求人サイトでも、風俗系の求人雑誌でも山のようにあるでしょう。
それを見てセクキャバに興味を持った女性たちは、そのような「上辺、上っ面」の情報だけに惑わされて、本来の魅力である「セクキャバにて安心で安全に稼ぐコツ」とか、「キャバクラではなくセクキャバならではの稼ぎ方」「ヘルスやデリヘルではない、セクキャバならではの魅力」なんてことに気がつくのが、どうしても遅くなってしまいがちなんです。

高額な日給を載せている求人広告の情報には裏がある

セクキャバで働く魅力って、何でしょうか?
それは、もちろん高収入であることは、求人広告なんかを見ていればわかりますよね。
日給額も時給額も、一般のアルバイトやパートに比べても随分と高額なのは、募集要項に乗っている額を見れば一目瞭然でしょう。
自分の業界のことだから、断言できます。
セクキャバは、高収入アルバイトの中で「一番稼げるお仕事」です。
どうしてかって??

求人広告を見ていれば、ソープなんかはもっと高い日給を払ってくれる店もあるかもしれません。
ですが、そこで書いているソープの日給は、お客さんがついて始めて貰える金額なのがほとんどだってこと、知っていますか?
業界用語ではお茶を引くといいますつまりソープランドではせっかくお店に出勤して、個室でセクシーな格好で待ち構えていたとしても、お客さんにサービスをしなければ1円ももらえずに帰らなければなりません。
つまり、ソープランドの求人広告にある「日給3万5000円」は、実はこう読みます「日給3万5000円貰える日もあるかもしれないし、日給ゼロ円の日もあるかもしれませんよ」と。
もちろん何時間も出勤して給料ゼロではソープ嬢も辛い、辛すぎますので「待機時給」等といって、数千円をソープ店の店長の財布から支払われることもあるようです。
たしかに1日数時間だけ働いて、3万5000円かそれ以上貰える日があるかもしれません。
ですが、1日働いてゼロ円や、待機時給という名前の数千円のお手当しか稼げない日もあるのです。
求人広告で見かけたそのソープランドのお仕事ですが、これでもセクキャバより稼げるとお思いでしょうか?
ソープランドなどの風俗は、トップレベルの容姿やテクニックを持つ女性なら、芸能人並みに稼げることもあります。
しかし、セクキャバはマニュアルもしっかりしていますので、普通の女性でも、高収入が稼げるお仕事です。
求人広告の、最高額だけに惑わされず、一度セクキャバの面接を受けてみてはいかがでしょうか。

セクキャバの定義は何なのか?

求人広告に載っている給料額が、ソープランドではごく僅かなトップレベルの女性にしか支払われないことはお分かりいただけたと思います。
では、ほかの高収入のお仕事はどのくらい稼げるのでしょうか?
そもそも「セクキャバ」ってどんなお仕事なのか、ご存じですか?
セクキャバは「セクシーキャバクラ」の略ともいわれ、セクシーなサービスをするキャバクラの一種です。
何がセクシーなのかと言いますと、それはお店によってさまざまです。
求人広告をみると分かると思いますが、多くのセクキャバは衣装がセクシーであること。
つまり、上半身がシースルーの衣装であったり、ランジェリーだったり、ハダカだったりするのです。
セクシー度合いはそのお店によってさまざまですが、キャバクラと同様に、セクキャバ嬢たちは「時給」で働きます。
そして、キャバクラと同様に、「指名」や「ドリンクバック」で稼ぎます。
キャバクラにも六本木の目抜き通りにあるような高級店から、私鉄沿線のスナックと見間違えるようなカジュアルな大衆店までさまざまあり、時給も給与もさまざまです。
総じて、セクキャバの時給はキャバクラより高めです。
それはそうでしょう、女の子が「セクシー」な恰好をしているのですから。
でも、セクキャバがキャバクラより稼げるわけは、女の子たちが脱いでいるからではありません。