キャバクラ嬢よりセクキャバ嬢が稼げるわけ

セクキャバは経営するのもリスクは少ない

キャバクラのゴールは不確定です。
それは、風俗同様のセックスかも知れませんし、小粋な時間かも知れません。
男性客によって、何のためにキャバクラに来店したのかはわかりません。
その来店目的を探るのも、キャバクラ嬢が稼ぐコツのうちの一つなのですが、なんともまどろっこしい仕事です。
カッコつけて隠している、男性客の来店動機を探って、それによってキャバクラ嬢たちもフォーメーションを組まなければならないのですから。
新しいフォーメーションのためには、新たな戦力つまり新たなキャバクラ嬢を補充するために、お店も常に求人広告をしなければなりません。
別名、自転車操業ともいいますキャバクラは止まることの許されない、止まれば死んでしまうマグロのようなものです。
しかし、求人広告もタダではありません。
求人広告を辞めれば、新しい戦力を補充できませんから、その安くはない求人広告の経費は、結局働いているキャバクラ嬢たちの給料から捻出するしかないのです。

セクキャバは、多くの求人広告を見れば明らかですが、セクシーな衣装のほかは、キャバクラと大差はありません。
では、なぜセクキャバ嬢のお給料は、一般的なキャバクラよりも高額な求人がされているのでしょうか?
経営側からすれば、セクキャバはキャバクラよりも経営リスクが少ないのが理由です。
経営リスクとは何でしょうか?
聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと「お店をやっていて、危ないことが少ない」ということです。
危ないこととは、女の子の管理面で言えば急な退店による人手不足や女性同士の人間関係トラブルやイジメ、女通しのイザコザがないということです。
そしてセクキャバの大きな利点としては、男性客一人に対して、女の子も一人で接客するので、一人に対する売り上げがコンスタントに立つということです。

セクキャバは主導権が女の子側にある

取っ組み合いのけんかが起きることもありますぶっちゃけ、キャバクラの店長は大変でした(笑)。
女性同士のトラブルが多く、彼女たちの相談に乗らなければならない時間が多く、とはいえ男性客への刺激的なイベントや広告展開も考えなければならず、考えることばかりです。
実際にセクキャバではないので、お触りは一切できません。
なので、いかに男性の欲望を効果的に妄想させるイベントを企画できるか、いつも考えていました。
仕事によるストレスや疲れは今の2倍、3倍はありました。
しかし、その点でいうと、キャバクラに比べれば、セクキャバの経営はなんとも牧歌的です。
不思議に思いませんか?
まばゆいドレスを纏ったキャバクラの女たちより、胸をはだけたセクキャバの女性たちのほうが平和だ、なんて。

さきほど、セクキャバの男性客はリラックスしていると申しましたが、それは、女性のセクシーな姿に夢中になっている、とも言い換えることができます。
夢中になっている男性は、いたって子供です。
難しい交渉事はありませんし、セクキャバ嬢のドリンクのおねだりにも単純に「うん」と言うしかないのです。
キャバクラのような政治性は働かないのですね。
セクシーなセクキャバ嬢の衣装は、男性を単純化させます。
多くのキャバクラでは、男性客とキャバクラ嬢ら店側とで会話の主導権争いが起こり、それが多くのトラブルの種になり、キャバクラ嬢たちにフィードバックされるお給料への弊害になります。
しかし、セクキャバでは主導権は主にセクキャバ嬢にあります。
男性客は、セクシーな衣装の前で従順になるしかないのです。
さすがに店内でセックスしようとする男性客もいませんし。
男性客が従順であるということは、求人広告通りの、お店側があなたたちセクキャバ嬢に支払いたいだけの給料が約束されているということに等しいのです。