キャバクラ求人よりセクキャバ求人を選ぶ方が楽

男性向けホームページも求人同様にチェックして

求人情報とまったく違うサービスをうたっているなんてことも!?セクキャバの店長としての仕事のひとつに、ホームページの更新があります。
何のホームページなのかをご紹介しますと、それは2つあります。
みなさんのような、セクキャバ嬢になりたい女性や、わたしのお店で働きたいと考えている女性に向けた、いわゆる「求人情報」のホームページがひとつ。
もうひとつのホームページはおわかりですね。
男性諸氏に、我がセクキャバに遊びに来ていただくためのキャンペーンなどの情報を掲載する「営業情報」のホームページです。
男性向けのホームページは充実している場合も多いので、ぜひ参考にしましょう。
それは、セクキャバだけでなくほかのキャバクラや風俗など、女性向け高収入アルバイトすべてに共通する求人のノウハウだと思います。
セクキャバ嬢はもちろん、風俗嬢も自分のお店の男性向けホームページを「見たことがない」という女の子が、実は少なくありません。
少なくとも、自分のお店がどのようなサービスを男性客にアピールしているのかを知らなければ、自分が男性客に何を求められているのかを知ることができません。
自然に、先輩や男性スタッフが導いてくれる場合もあるのでしょうが、コミュニケーションにはノイズがあります。
やはり、直接男性用ホームページや男性向け情報誌もチェックをした方が良いでしょう。
わたしのお店では、バックヤードに「男性向け広告」はもちろん「求人広告」のコピーも閲覧できるようにしています。
情報は、加工をせずにそのまま見せることが一番早く、効率が良いと思っています。

実はキャバクラ嬢が稼げない理由

キャバクラ嬢は着飾ります。
お店の接客について書いてきましたが、今度は働く上でどうしても発生してしまう、経費や雑費などについて書いていきましょう。
毎回のヘアメイク代を考えると必要経費といってもバカになりませんヘアメイクも、ドレスもしっかりと武装しなければなりません。
その経費は、お店に専属の美容院さんやレンタルドレスのメーカーさんがいる場合もあるでしょうが、多くのキャバクラはお給料からの自腹が常に行われています。
それはそうでしょう、同じ美容院では同じようなヘアメイクしかされませんし、レンタルドレスでは同じようなキャラクターしか演じられません。
チーム戦とはいえ、同僚の女の子と同じような恰好では、あなたのキャラクターが立ちませんし、新人時代ならともかく、もっと稼ごうと考えれば、それだけの自己投資は行わなければならないのです。
「自腹なんて嫌」というキャバクラ嬢では、よっぽどの個性が際立っているか才能にあふれている子でない限りは、求人広告の額面通りに稼ぐのは難しいでしょう。
求人広告の通りにお給料を貰ったとしても、そこからの自腹換算額を考えると実質上の給料は、あまり財布には残らないのです。

経験値から稼げる求人はセクキャバだけ

以前スタッフとして勤務していたキャバクラ嬢たちに聞いたことがあります。
どれくらい自腹切っているの?と。
多くのキャバクラ嬢たちは言いました「そんな怖くて計算できないよ(笑)」。
キャバクラは、そういう世界です。
求人広告にあるような高収入が稼げると思って始めたお仕事ではあっても、いつしか男性客とのやり取りに勝利するため、女同士の意地の張り合いマウンティングのために、自腹を切っていくようになるのです。
これでキャバクラは、本当の意味での高収入アルバイトと言えるのでしょうか。
やはり、建前だけで披露しては稼げません。
稼げる高収入アルバイトとして考えるなら、やはり本音で接客できるセクキャバにしかないのではないでしょうか。