カテゴリー別アーカイブ: 未分類

キャバクラ求人よりセクキャバ求人を選ぶ方が楽

男性向けホームページも求人同様にチェックして

求人情報とまったく違うサービスをうたっているなんてことも!?セクキャバの店長としての仕事のひとつに、ホームページの更新があります。
何のホームページなのかをご紹介しますと、それは2つあります。
みなさんのような、セクキャバ嬢になりたい女性や、わたしのお店で働きたいと考えている女性に向けた、いわゆる「求人情報」のホームページがひとつ。
もうひとつのホームページはおわかりですね。
男性諸氏に、我がセクキャバに遊びに来ていただくためのキャンペーンなどの情報を掲載する「営業情報」のホームページです。
男性向けのホームページは充実している場合も多いので、ぜひ参考にしましょう。
それは、セクキャバだけでなくほかのキャバクラや風俗など、女性向け高収入アルバイトすべてに共通する求人のノウハウだと思います。
セクキャバ嬢はもちろん、風俗嬢も自分のお店の男性向けホームページを「見たことがない」という女の子が、実は少なくありません。
少なくとも、自分のお店がどのようなサービスを男性客にアピールしているのかを知らなければ、自分が男性客に何を求められているのかを知ることができません。
自然に、先輩や男性スタッフが導いてくれる場合もあるのでしょうが、コミュニケーションにはノイズがあります。
やはり、直接男性用ホームページや男性向け情報誌もチェックをした方が良いでしょう。
わたしのお店では、バックヤードに「男性向け広告」はもちろん「求人広告」のコピーも閲覧できるようにしています。
情報は、加工をせずにそのまま見せることが一番早く、効率が良いと思っています。

実はキャバクラ嬢が稼げない理由

キャバクラ嬢は着飾ります。
お店の接客について書いてきましたが、今度は働く上でどうしても発生してしまう、経費や雑費などについて書いていきましょう。
毎回のヘアメイク代を考えると必要経費といってもバカになりませんヘアメイクも、ドレスもしっかりと武装しなければなりません。
その経費は、お店に専属の美容院さんやレンタルドレスのメーカーさんがいる場合もあるでしょうが、多くのキャバクラはお給料からの自腹が常に行われています。
それはそうでしょう、同じ美容院では同じようなヘアメイクしかされませんし、レンタルドレスでは同じようなキャラクターしか演じられません。
チーム戦とはいえ、同僚の女の子と同じような恰好では、あなたのキャラクターが立ちませんし、新人時代ならともかく、もっと稼ごうと考えれば、それだけの自己投資は行わなければならないのです。
「自腹なんて嫌」というキャバクラ嬢では、よっぽどの個性が際立っているか才能にあふれている子でない限りは、求人広告の額面通りに稼ぐのは難しいでしょう。
求人広告の通りにお給料を貰ったとしても、そこからの自腹換算額を考えると実質上の給料は、あまり財布には残らないのです。

経験値から稼げる求人はセクキャバだけ

以前スタッフとして勤務していたキャバクラ嬢たちに聞いたことがあります。
どれくらい自腹切っているの?と。
多くのキャバクラ嬢たちは言いました「そんな怖くて計算できないよ(笑)」。
キャバクラは、そういう世界です。
求人広告にあるような高収入が稼げると思って始めたお仕事ではあっても、いつしか男性客とのやり取りに勝利するため、女同士の意地の張り合いマウンティングのために、自腹を切っていくようになるのです。
これでキャバクラは、本当の意味での高収入アルバイトと言えるのでしょうか。
やはり、建前だけで披露しては稼げません。
稼げる高収入アルバイトとして考えるなら、やはり本音で接客できるセクキャバにしかないのではないでしょうか。

男性向け広告も求人広告と合わせてチェック

店長の物差しひとつでボーナス額は増減する

前回からの続きになりますが、「罰金・罰則」は店長もしくは運営責任者の裁量であるべきものなのです。
何をもって罰金とするのかは判断があいまいですから、数千円とはいえ金銭に換算するべきものではありません。
同じように見える無断欠勤だって、それ自体は集団生活においては罰せられてしかるべきものです。

しかし、理由はいろいろあります。
お子さんが急に病気になったのかもしれない、働きすぎて体調が悪くなったのかもしれない、ただのサボりかも知れない。
それぞれの理由によって罰金の有無を決めていれば、セクキャバ嬢たちは皆、無断欠勤の際に嘘をつくようになります。
なぜって、「子供が病気になった」と言えば、罰金から逃れられるのですから。
でも、月に10回も子供が病気になりますか?
でも、ならないとも言い切れないですよね?
私も求人担当から店長から、性風俗業界は無駄に長く勤めておりませんから、セクキャバ嬢たちの「嘘」はわかります。
お店での裁判長は店長なのですですので、一回一回の罰金罰則ではなく、裁量として判断しています。
その物差しは私の中にしかありません。
それを不公平だというセクキャバ嬢はいないでしょう。
それだけの信頼関係を築いてきた自負はあります。
私の裁量で、ボーナスであったり祝い金であったり、ときには時給アップという形で女の子たちに戻します。
評価は一律、公平です。
すべては私の中の物差しで決まるのです。
それは、ときに孤独を呼びますが、それによって組織全体が公平に切磋琢磨できれば、なんとすばらしいことでしょうか。

セクキャバは風俗よりもコンスタントに稼げるから日給平均が高い!

セクキャバというお仕事は、居酒屋と同じぐらい安全で健全、ファッションヘルスやホテルヘルスと同じかそれ以上に稼げる魅力的なお仕事なのです。
「お茶をひく」「お茶」という言葉を、聞いたことがありますか?
お茶とは、ファッションヘルスやホテルヘルスで、男性のお客さんからの指名もフリーのお客さんもなく、その日は出勤しても接客をしなかったということです。
何時間もヘルスの個室や、集団待機室で指名がかかるのを待っていて、結局「その日のお給料はゼロ」ということが「お茶」なのです。
このような完全歩合制の給料システムは、悪いものではないと思います。
力のあるものが稼げることは、まっとうな市場原理に基づいています。
セクキャバのシステムで、時給が高く指名料金が安いお店がありますが、そんなシステムでは女の子同士で切磋琢磨し技術を磨くことは起こりません。
決まった時給を稼ぐために、なるべくコストをかけずにダラダラと時間を浪費してしまいます。
それでは、稼げないばかりか自分の成長する機会も失い、しいては傾いてしまったお店が多いことを私は知っています。

ハードなサービスほど指名料が高いセクキャバで評価すべきは指名の数です。
求人広告でも指名料金のバック率の高さをアピールしたお店も良く見かけます。
注意していただきたいのは、そのようなお店の求人広告を見たら、男性向けの営業広告も検索してみることをお勧めします。
いくら指名バック率が100%と高くても、肝心の指名料が1000円では働く動機にはなりません。
女性向けの求人広告では濁して書いてある指名料金の確認は、男性向けの営業広告でチェックするのが手っ取り早いです。
女性に気を使ってなのかわかりませんが、案外女性向け求人広告ではソフトな表現にとどめておきながら、男性向けの営業広告ではかなりセクシーなアピールをしているお店も少なくありません。
可能ならば、女性向けの求人も言葉を飾らず、直球でアピールするお店が良いと思います。
なぜならば、本音で付き合うことができそうだと思いませんか?

セクキャバで働きにくくなる悪いルール

セクキャバ求人にある罰金とは文字通り罰金制度ではあるが

悪い店は罰金と称してことあるごとにお給料から盗ろうとしますよ求人広告に「罰金・罰則なし」と書いてあるということは、どういうことなのでしょうか。
それは、他の多くのセクキャバ店には罰金があるということを表しているのです。
罰金は、遅刻や無断欠勤、お客様に特に失礼を働いた場合に取られる反則金です。
それだけ悪いことをして、迷惑をかけたのだから仕方がないと思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。
そもそも、お仕事をしていて「お金を取られる」ことは違法行為です。
罰金を徴収すること自体が犯罪なのです。
そもそもセクキャバの店長(雇用主)が、セクキャバ嬢(労働者)からお金を巻き上げては犯罪以外の何物でもないのです!
では、罰金はどういう時に多くのセクキャバで行われているかというと、罰金はセクキャバ嬢を追い出したい時に用いられるのです。

そのセクキャバ嬢を追い出したい理由はいくつかあるでしょう。
その女性の勤務態度がもしかしたら悪いのかもしれませんし、彼女が勤務するセクキャバが最近不人気であまり男性客の数が集まっていないからかもしれません。
わたしのお店では、求人広告にある通り罰金はありません。
どうしてないのかというと、罰金がなくても通常のお給料の中で十分間に合うため、罰金は不要なのです。

罰金だけでなく肉体関係を迫ってくるやつもいますセクキャバのお金がらみのトラブルで「罰金」が問題だと考える人は多いです。
そもそも、罰金という形での給料からの天引きは犯罪なのですが、それ以上に問題なのは、罰金に当たるか当たらないかの判断基準が明確でないことです。
判断基準が明確で無いということは、判断する店側の裁量ひとつで、罰金の金額が決められています。
すると、どうなるでしょうか。
罰金の権限を持ったセクキャバ店長は、小さな王様になってしまうのです。
罰金の権限を持っているセクキャバ店長の元で働くセクキャバ嬢たちは、罰金にされたくないから彼に阿るようになります。
そして、「わたしよりあの子のほうが悪い事をしていた」と密告をして、同僚の足を引っ張るような行為がまかり通るようになるのです。

ベテラン女性を頂点とした「噂話」には耳を貸すな

あなたも女性であったらわかるのではないでしょうか。
女性同士の「密告」は「噂」の形を借りて行われます。
噂の伝聞力は、女性のコミュニティでは脅威です。
そこには利害関係が生じていますし、自分のほうが強い、自分のほうが稼いでいるとのマウンティングが「噂話」として流通しているのです。

だからといって、最低限の敬意は必要です「噂」においてその使い方を心得ているのは、その人間関係を熟知している者です。
つまり、古くからそのコミュニティに所属している人間、つまりはベテラン女性ということになります。
ベテラン女性は「噂」の主導権を握りますから、自分の悪い噂を立てられたくない女性たちは、ベテラン女性に阿るようになります。
ここに、店長を頂点としたピラミッドとは別の、ベテラン女性を頂点としたピラミッドが構築されます。

ふたつの価値観の違うピラミッドが存在する組織は、やはりうまく回りません。
どこか相手の顔色を窺うようになり、本音で切磋琢磨しあうような私の理想とする人間関係は生まれないでしょう。
どんなに真摯に採用活動をしても、ベテラン・ピラミッドの前では無意味なのです。
このようなことからも、私は「罰金・罰則」の規定していないのです。
ですので、ピラミッドの頂点は一つ、私です。
ですので、ベテランであろうと、新人であろうと、お客様に真摯に接し指名を取ることさえしていただければ、私の正当な評価によって誰でも稼げるような仕組みが出来上がるのです。

TOPをめざして競い合うことが健全なセクキャバの姿

セクキャバ嬢の喧嘩は、店のスタッフへの信頼の証

男たるもの女性に経済的な安心をさせることこそが、最大の甲斐性でしょう。
わたしは、自分のお店に勤める女性たちも、男性スタッフも自分の子供のようなものだと思っています。
セクキャバ嬢たちが明日のご飯や着るものに貧窮していたとしたら、その笑顔は男性客にとってセクシーな笑顔に感じられるでしょうか?
肌艶の良い、健康的な乳房は、精神的な充足と肉体的な充足の上に宿るべきものであり、精神と肉体の充足は、やはり経済的な充足の上にしか成り立ちません。
彼女たちは女性としての魅力を安心して磨いてもらいたい。
そのためには、私はどのような苦労も買ってでもしようと思っています。

お金を稼ぐために女の子も一生懸命なのです私のお店は「おっぱぶ」をコンセプトとしているくらいですから、胸が魅力的な女性が多く在籍しています。
「おっぱい」の攻撃力は非常に高く、小手先だけのわかりにくい接客術を使わなくとも、十分に稼げることができます。

セクキャバ嬢たちは「おっぱい」を武器に、男性客から指名を取ろうと日々努力をしています。
中には指名を取ることに必死なために、「指名客をとった/とられた」「色目を使った」などで、セクキャバ嬢同士がバックヤードで喧嘩まがいのことになることもあります。
でも逆に、それは仕事で指名客を取ることに真摯な態度の現れなのですよ。
自分の魅力を磨いて、男性客にアピールしようと思えばこそ。
指名数を取って店が潤えば、かならず彼女たちのお給料に反映されることは、みなさん知っていると思います。
それだけ、私の店を信頼してくれているからこそ、セクキャバ嬢たちはバックヤードで喧嘩まがいのことをするのです。

子供たちは些細なきっかけで喧嘩をしますよね?
でもそれは、親の愛情があって安心しているからこそ。
セクキャバ嬢同士の喧嘩も、採用面接からはじまって、日々の仕事の中で紡いできた信頼関係があればこそなのです。
給料関係は、求人広告から面接時から、全て嘘はありません。
そうでなければ、このような信頼関係は築こうにも築けないでしょうから。

お店の雰囲気は悪くならないのか

前述したように、キャバクラはチーム戦です。
男性客の多くは、サラリーマンにしても土木作業の方にしても、集団で仕事をされている方が多いでしょう。
すると、仕事で営業成績を収めるように、限られた予算や時間の中で建造物を作るように、男性客は「仕事モード」の延長になります。
同性ながら、仕事モードの男性は強いです。
何とかして自我を通して、チームの仲間と協力して、キャバクラ店からゴールを奪おうとしてきます。
守るキャバクラ店側も大変ですし、キャバクラ嬢たちも集中して戦う分、ストレスでぐったりになることもしばしばありました。

しかし、セクキャバは女の子と男性客は、1対1の関係性なので、職場の雰囲気は悪くならないのです。
逆に、雰囲気が良すぎる方が経営的にはリスクがあることがあります。
働くセクキャバ嬢たちにとっては、雰囲気がいいことは何の問題もないでしょう。
ストレスなく、高い時給で働けるのですから。
しかし、そこには罠があります。
喧嘩が起きないのです。
公平に言いたいこといえる環境作りは大切です喧嘩が起きることはデメリットと思う方も多いでしょう。
しかし私はそうとは思いません。
喧嘩とはすなわち、オブラートに包まない本音同士のぶつかり合いです。
それだけ仕事に対して真摯であるということなのですから、やはりお店の売上には影響があります。
もちろん、後腐れがないように、女の子それぞれのアフターケアはすることは前提ですよ。
上辺だけの雰囲気に騙されて、本当に自分の成長の機会も、稼げる機会も失ってしまっているとしたら、そちらの方が考えものです。

「セクキャバ」と「おっぱぶ」の違い

おっぱぶのシステムが稼げる仕組み

セクキャバにくる客はおっぱいが目当てそもそも、私の店はセクキャバでありますが、自分では「おっぱぶ(おっぱいパブ)」だと思っております。
セクキャバという業種の中に「おっぱぶ」という中ジャンルがあるとされています。
そこには明確な違いはないとされていますが、実は私は大きく異なっていると思っています。
多くの求人サイトでは、このような「セクシーな飲食店(性風俗サービスなし)」を様々な名称で呼んでいます。
「セクキャバ」をはじめ、「おっぱぶ(おっぱいパブ)」「ランパブ(ランジェリーパブ)」「セクパブ(セクシーパブ)」「いちゃキャバ(いちゃいちゃキャバクラ)」などなど。
わたしが、自分のお店を「おっぱぶ」だと称しているのは、「おっぱい」というワードが、男性客への訴求力が高く、店としてのコンセプトが明確だからです。
「セクシー」と表記することは、あくまで記号であり、働く女性にとっては適度にオブラートに包むための名称だと思います。
しかし、お店を運営する側として、このようなことを言うと誤解を招くかとは思いますが、女性にとって働きやすいお店は、男性にとって刺激的でない店にもなりかねません。

「セクシー」とはどれだけセクシーなのでしょうか?
チラ見せでしょうか? 全裸でしょうか?
実は「セクシー」という言葉には男女の解釈の余地が生まれ、男性客にとって心をわしづかみされるような、キャッチ―なキーワードではありません。
店名はもちろん、そのお店のジャンルも、顧客である男性客に届くようなキャッチ―なものでなければならなければ、集客にも影響がでます。

子供から老人まで男性はおっぱいが好きわたしは「おっぱい」という単語には、男女の解釈の余地は少ないと思っています。
女性の皆さんは「おっぱぶ」で働いている、「おっぱぶ」の面接に行ったとはなかなか言いにくいですよね。
しかしその分、顧客である男性客にとってはコンセプトが明確です。
だって、「おっぱい」ですよ!?
「いちゃいちゃ」や「ランジェリー」も、男性客にとっては破壊力がある言葉であると思います。
しかし、「おっぱい」はどれだけ使用されても言葉そのものの、インパクトは消費されることはありません。
お店を繁盛させるために、「セクシー」という言葉では、男性客に向かう際に武器として心もとないとは思いませんか。

セクキャバはコンセプトが男性客に伝わるかで集客が異なる

もちろん、わたしも女性にとって働きやすいお店であるべきだと思います。
しかし、よく考えてください。
働きやすいお店とはキャスト同士が仲いいとか、おしゃれできれいな職場ではないはずです。
風俗で働くわけですから、やはり高いお給料をもらえることだと思います。
当然、わたしもその中の一人です。
なので、店長であるわたしと働く女の子、スタッフは、「セクシー」だとか言葉を濁す必要なないと思いませんか?
「おっぱい」を武器に、「おっぱい」の魅力で、男性客が「行きたい」と思わせるサービス料以上の接客で満足を提供すること、そんなコンセプトを「おっぱぶ」というジャンルは明確にしていると思うのです。
コンセプトが明確、サービス内容との違いがなければ、男性客は満足します。
男性客が満足すれば、リピーターとなります。
その繰り返しによって、売り上げや指名料などが増えていくわけです。
後は言わずもがな、おのずと女性スタッフの収入に返ってくるものです。

セクキャバ嬢であるみなさんを、労う方法はさまざまあります。
しかし、その最たる方法はセクキャバで働こうと思った本来の目的である、お給料です。
それ以外の「働きやすい」「仲が良い」「特典がある」「設備や福利厚生が良い」ということは、しょせん枝葉にしか過ぎないのではないかと思っています。

セクキャバで快く働くための真心システム

セクキャバの指名によるスペシャルサービスとは?

セクキャバは指名客がいくらいるかがカギ指名バックの話の前に、指名システムについて話をしましょう。
多くのセクキャバでは、指名システムを実装しています。
キャバクラ同様にテーブルで接客をし、気に入った女性を「指名」することで、男性客はそのセクキャバ嬢の時間を買うことができます。
これはあちこちで、求人広告をしているキャバクラと全く変わらないですね。
しかし、セクキャバでは、指名なしでも「かなりセクシーな」接客をしています。
わたしのお店では、上半身は裸で、男性客の上にまたがってトークをします。
これは求人広告に書いてある通り、ウソ偽りはありません。
ほかのセクキャバ店のシステムが、求人広告と同じかどうかはわかりませんが、私のセクキャバには少なくとも「真心」をこめて、わたしが納得いかないことは記載していないつもりです。
これだけでもかなりセクシーなサービスですので、指名をするということは、男性客はそれ以上のスペシャルサービスを求めていることに違いありません。
セクキャバはこの形式が多い指名によるスペシャルサービスは、そのまま同じテーブルで行われることもありますが、わたしのお店では、背丈の低いカーテンに仕切られた個室風の「VIP席」で行われます。
いえ、個室でスペシャルサービスというと、まるでハードなことをしなければならないかと誤解を招きそうですが、そうではありません。
そんなハードなサービスを、女の子に強いては、結局はストレスを産み、今のような雰囲気のよい職場環境にはならないでしょうから。

誤解されがちな、スペシャルサービスの内容

では、スペシャルサービスとは何なのか。
単純です。
先ほどと同様、男性客の上にまたがって、はだけた胸を触らせてあげるだけです。
男性は、個室風のスペースで、周囲の目を気にしない雰囲気を味わえれば満足します。
スペシャルなのは、まるで二人きりのような時間の演出がスペシャルなのであって、実はサービス内容に違いはないのです。

また、キャバクラではフリーで入店した客に対して複数のキャストを定期的に入れ替えて接客をします。
セクキャバにおいてもそれは同じです。
しかも、セクキャバの場合は短時間でその頻度が多いのです。
気に入った女の子がいた場合、指名をすることで指名が被らない限り、長時間その子といることができます。
これも男性客が指名をする利点でもあります。

中には、店で禁止している行為を誤ってしてしまうこともあるようです。
禁止行為は、性器への指入れや、下の下着に触る、男性器を触らせることなど、女の子が嫌がるような行為のことです。
わたしのお店では、個室風とはいえ背丈の低いカーテンのみの仕切りですから、そのような行為が行われていれば、わたしが気づく前に男性スタッフがすぐ辞めさせますので安心してください。

真心こそがセクキャバ嬢をよりセクシーに磨く

おもてなし心が大切スペシャルなのは、セクキャバ嬢の真心のこもった接客であって、ハードなサービスではないのです。
わたしのお店では、求人広告に記載してある通り、指名バックは100%セクキャバ嬢に還元します。
この額が低額だと、セクキャバ嬢は指名を取ろうとしないで、ぬるま湯の雰囲気に浸ってしまい、刺激のない熟年夫婦のようにモチベーションが下がり、セクシーであることを忘れてしまうのです。
指名バックは、店の売上のためにセクキャバ嬢たちに強いるのではなく、お客さまのために直接真心を届けたいときに活用していただきたいシステムです。
真心は、男性客にも伝わります。
不思議なもので、高収入のバイトにおいても、額面の給料より男性客の「ありがとう」にモチベーションを感じることは多いようです。
そのモチベーションは、セクキャバ嬢たちの明日の活力にも、女性としてよりセクシーな笑顔の種にもなりうるのです。
指名システムとは、真心を運ぶセクキャバのちょっとしたスパイスなのです。
それは低額であったり、店側が搾取したりするべきお金ではなく、純粋な女性と男性の間で交わされるべき美しいお金なのです。

キャバクラ嬢よりセクキャバ嬢が稼げるわけ

セクキャバは経営するのもリスクは少ない

キャバクラのゴールは不確定です。
それは、風俗同様のセックスかも知れませんし、小粋な時間かも知れません。
男性客によって、何のためにキャバクラに来店したのかはわかりません。
その来店目的を探るのも、キャバクラ嬢が稼ぐコツのうちの一つなのですが、なんともまどろっこしい仕事です。
カッコつけて隠している、男性客の来店動機を探って、それによってキャバクラ嬢たちもフォーメーションを組まなければならないのですから。
新しいフォーメーションのためには、新たな戦力つまり新たなキャバクラ嬢を補充するために、お店も常に求人広告をしなければなりません。
別名、自転車操業ともいいますキャバクラは止まることの許されない、止まれば死んでしまうマグロのようなものです。
しかし、求人広告もタダではありません。
求人広告を辞めれば、新しい戦力を補充できませんから、その安くはない求人広告の経費は、結局働いているキャバクラ嬢たちの給料から捻出するしかないのです。

セクキャバは、多くの求人広告を見れば明らかですが、セクシーな衣装のほかは、キャバクラと大差はありません。
では、なぜセクキャバ嬢のお給料は、一般的なキャバクラよりも高額な求人がされているのでしょうか?
経営側からすれば、セクキャバはキャバクラよりも経営リスクが少ないのが理由です。
経営リスクとは何でしょうか?
聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと「お店をやっていて、危ないことが少ない」ということです。
危ないこととは、女の子の管理面で言えば急な退店による人手不足や女性同士の人間関係トラブルやイジメ、女通しのイザコザがないということです。
そしてセクキャバの大きな利点としては、男性客一人に対して、女の子も一人で接客するので、一人に対する売り上げがコンスタントに立つということです。

セクキャバは主導権が女の子側にある

取っ組み合いのけんかが起きることもありますぶっちゃけ、キャバクラの店長は大変でした(笑)。
女性同士のトラブルが多く、彼女たちの相談に乗らなければならない時間が多く、とはいえ男性客への刺激的なイベントや広告展開も考えなければならず、考えることばかりです。
実際にセクキャバではないので、お触りは一切できません。
なので、いかに男性の欲望を効果的に妄想させるイベントを企画できるか、いつも考えていました。
仕事によるストレスや疲れは今の2倍、3倍はありました。
しかし、その点でいうと、キャバクラに比べれば、セクキャバの経営はなんとも牧歌的です。
不思議に思いませんか?
まばゆいドレスを纏ったキャバクラの女たちより、胸をはだけたセクキャバの女性たちのほうが平和だ、なんて。

さきほど、セクキャバの男性客はリラックスしていると申しましたが、それは、女性のセクシーな姿に夢中になっている、とも言い換えることができます。
夢中になっている男性は、いたって子供です。
難しい交渉事はありませんし、セクキャバ嬢のドリンクのおねだりにも単純に「うん」と言うしかないのです。
キャバクラのような政治性は働かないのですね。
セクシーなセクキャバ嬢の衣装は、男性を単純化させます。
多くのキャバクラでは、男性客とキャバクラ嬢ら店側とで会話の主導権争いが起こり、それが多くのトラブルの種になり、キャバクラ嬢たちにフィードバックされるお給料への弊害になります。
しかし、セクキャバでは主導権は主にセクキャバ嬢にあります。
男性客は、セクシーな衣装の前で従順になるしかないのです。
さすがに店内でセックスしようとする男性客もいませんし。
男性客が従順であるということは、求人広告通りの、お店側があなたたちセクキャバ嬢に支払いたいだけの給料が約束されているということに等しいのです。

現役店長が教える、セクキャバの意味

キャバクラ嬢が稼ぐためのスキル

セクキャバ嬢の衣装がセクシーだから、稼げるというわけではありません。
厳密にいうと、脱いでいることが直接的に高収入に結び付くわけではなく、間接的にセクキャバは高収入になるというわけです。
キャバクラは、男性客にとって「セクシーなこと」がお預け状態になっています。
なので、男性客はキャバクラ嬢をなんとかして口説こうと努力を重ねます。
対するキャバクラ嬢たちも、口説かれてしまっては終わりですから、のらりくらりと口説き文句をかわします。
それも、強く断りすぎてもいけませんし、受け入れすぎてもお仕事になりません。
よくあるキャバクラのテレビドラマは極端ですが、「男性客の口説きテクニック」があるのと同じぐらい、キャバクラ嬢たちにも「口説かれテクニック」が必要になります。
このテクニックの匙加減はキャバクラによってもさまざまですが、テクニックである限りは、高収入を得るためにはさまざまな技術が必要になります。

キャバクラ嬢は惚れたら負けでもその技術は、話術ですから、天気や時事、お客さんの状態やキャバクラ嬢の向き不向きによって無限にあります。
その技術を学んでいくのがキャバクラ嬢としても醍醐味でしょうが、やはり稼げる人と稼げない人に差ができてしまうのです。
つまり、キャバクラは求人広告通りに稼げる女性は一握りという現実があるのです。

キャバクラ嬢で稼げるのはごく一部という現実

キャバクラは「チームスポーツ」に例えられます。
男性客が何名かで来店されたとき、先陣を切って話題を振る役目、黙っていてカッコいい言葉をつぶやくイケメンの役目、面白いトークや突っ込みで男性客それぞれのキャラを立たせる役目などなど。
まるでサッカーのフォワードとバックス、キーパーのように話題(ボール)を回して、キャバクラ嬢のハートというゴールを揺らす目的に向かって男性客はチームを組んでいるのです。
チームを組んでいる男性客に、キャバクラ嬢たちはどのように立ち向かえばよいのでしょうか。
チーム戦にはチーム戦と言います。

夜のなでしこJAPANなのです!そうです、キャバクラ嬢たちもチームを組んで、困っている女性に助け舟を出したり、真面目すぎる口説き文句を茶化したりと、角の立たないように円陣を組みつつ、接客時間終了まで完走しなければなりません。
実は、そのキャバクラ嬢たちのチーム戦は、同僚の女の子たちの差別化やイジメなど、マウンティングの温床ともいわれているのです。
女の子たちの差別化が行われるということは、求人広告以上に稼げる子とそうでない子がいるということですし、その戦いの陰ではイジメや人間関係に悩んでの退店など、さまざまな「稼げないリスク」があるのです。

セクキャバとキャバクラとではここが違う

しかし、セクキャバは多くのキャバクラと異なり、マニュアル通りに決められたお仕事をしていれば、求人広告通りの高収入を手に入れられるのです。
一般的に、セクキャバのシステムは1セット(40~50分程度)で運営されています。
男性客が席に着き、そこにセクキャバ嬢がつくのはキャバクラと異なり、一人のみです。
あとはドリンクのオーダーを取ったり、簡単なトークを行ったりしますが、このあたりはキャバクラと全く同様のシステムです。
おっぱいは逃げない
キャバクラのゴールは「女の子を口説くこと」と申しましたが、セクキャバでのゴールは口説くことではありません。
セクキャバのゴールは「セクキャバ嬢と、密着できたり、イチャイチャできたりと、セクシーな時間を楽しむこと」です。
男性客にとって、キャバクラの時間はゴールまでの通過点でしか過ぎないのですが、セクキャバでの時間はすでにゴールに到達した「ご褒美タイム」なのです。
つまり、男性客の食いつきが全く異なります。
キャバクラの男性客が、交感神経が優位な「狩人」モードなのだとしたら、セクキャバの男性客は副交感神経が優位な「リラックス農耕民族」モードです。
彼らは、目の前のたわわな果実を収穫する事で満足なのです。